Bright DataのAPIトークンとその使用方法について

Ori Goren-Bar 阳锐
Ori Goren-Bar 阳锐
  • 更新

Bright DataのAPIトークンとは何ですか?

Bright DataのAPIトークンは、API経由でBright Dataにリクエストを送信する際に、認証情報(メールアドレスやパスワードなど)を置き換える安全な方法です。

Bright DataのAPIトークンの使用方法は?


APIコマンドとトークンの種類については、APIドキュメントのセクションで調べることができます。

さらに、Bright DataのAPIトークンを使用する必要がある場合は、常にナレッジベースの記事にその旨が記載され、APIコマンドの例が示されています。

重要: APIトークンは一度生成されると、一度しか提示されません!
APIトークンを安全な場所にコピーしておいてください。
APIトークンを紛失した場合は、Bright Dataコントロールパネルでいつでも新しいトークンに交換できます。

Bright DataのAPIトークンの作成方法は?

  • アカウントの設定に移動します
  • 「+」(APIトークンの横)をクリックして、新しいトークンを生成します
  • ユーザー、権限、および有効期限を選択し(または無制限に設定し)、「保存」をクリックします
    APIトークンが生成されて表示されますが、「取得」をクリックした後は表示されないので、コピーして安全な場所に保管してください。
  • mceclip2.png
  • 警告メッセージを受け入れる場合は、「却下」をクリックします。
  • mceclip1.png
  • APIトークンを忘れた場合や有効期限が切れた場合は、トークンの行にカーソルを置いてトークンの有効期限を変更するか、トークンを更新(新しいトークンを生成)するか、トークンを破棄(削除)します。